いらっしゃいませ!
NPO法人 玄武洞ガイドクラブ
山陰海岸ジオパーク推進協議会
日本ジオパークネットワーク
夢たじま2014
たじまわる
兵庫県立 人と自然の博物館
豊岡観光協会
円山川下流域・周辺水田
ラムサール条約湿地だぜ!。
*********ラムサール条約湿地
円山川下流域・周辺水田*********
TOPページ>イベント案内


イベント案内
山陰海岸ユネスコ世界ジオパーク 玄武洞・青龍洞ライトアップイベント

 ☆☆百六十万年前の大地の煌めき ☆☆


~ライトアップ期間~

2020年10月 2日(金)、3日(土)、9日(金)、10日(土)

10月16日(金)、17日(土)、 23日(金)、24日(土)、30日(金)、31日(土)

〔点灯時間 : 17時30分~21時迄〕

※赤色の毎週土曜日は青龍洞にて午後7時30分頃よりコンサートを催します。

 神秘的な幽玄の世界へ!
玄武洞・青龍洞ライトアップ鑑賞
☆☆自然が造った音楽堂~青龍洞~ライトアップコンサート☆☆

【出演者のご紹介】

10月 3日(土) 午後7時30分開演予定
豊岡室内合奏団(Toyouka Chamber Orchestra)

豊岡室内合奏団

豊岡室内合奏団

豊岡室内合奏団

兵庫県北部唯一の社会人オーケストラとして1986年に結成。兵庫県北部や京都府北部の

クラシック音楽愛好者の集いの場となっている。 毎年夏には団外からも有志を募り、モーツ

ァルトやベートーヴェンなどの古典楽派の交響曲を中心とした定期演奏会を開催。その他弦

楽合奏や木管五重奏など小編成のアンサンブルにも力を入れている。          

(現在、弦楽器パートを中心にメンバーを募集中。問合せは こちらまで。)

 

10月10日(土) 午後7時30分開演予定
THE STRAWBERRY FIELDS (ザ・ストロベリー・フィールズ)

THE STRAWBERRY FIELDS

THE STRAWBERRY FIELDS

THE STRAWBERRY FIELDS

<メンバー> 飯田正吉(Guitars) / 松田 暁(Guitar&Piano) / 田淵紀光(Bass)

本井吉一(Drum&Percussion)               

 バンド結成は1981年。ブランクもありましたが、2009年より現在のメンバーでビートルズのトリビュー

トバンドとしてライブ活動を再開させてからは、柳まつり、市民プラザ、豊岡稽古堂、城崎文芸館、コウノ

トリ文化館、新温泉町夢ホールのイベントなど、各所で演奏機会にも恵まれ順調に活動しています。

4人で400歳を目標に、普段は市内で定期的にミニライブも開催しています。

ぜひ心に残るビートルズの名曲を一緒にお楽しみください。

 

10月17日(土) 午後7時30分開演予定
奏~KANADE(かなで)・・・箏:小田根治子 フルート:岸野光子

奏~KANADE(かなで)・・・箏:小田根治子 フルート:岸野光子

奏~KANADE(かなで)・・・箏:小田根治子 フルート:岸野光子

奏~KANADE(かなで)・・・箏:小田根治子 フルート:岸野光子

お箏の魅力をもっと皆さんに知ってもらいたいと、平成27年4月に結成しました。        

唱歌やポップス、クラシックの名曲などを演奏する 傍ら、現代の作曲家が箏と尺八の為に作曲した 曲

を演奏することに力を入れています。昔ながらの お箏の趣とは一味違うビートのきいたリズムや音使

い、そこに現代のフルートが合わさり生まれる柔らか い独特のハーモニーをお楽しみください。   

   

10月24日(土) 午後7時30分開演予定
玄龍太鼓

玄龍太鼓

玄龍太鼓

玄龍太鼓

但馬の太鼓グループで実行委員会を組織し、プロの和太鼓集団、”和太鼓松村組”の豊岡公演を 3回

実施してきました。このことをきっかけとして、市内の太鼓グループの有志が集まり、それぞれの練習

方法や奏法を交流しながら、一層の技術向上をめざして、月2回の練習を行っています。

   

10月31日(土) 午後7時30分開演予定
和太鼓と篠笛

太鼓・唄 足立七海

太鼓・唄  足立七海

兵庫県出身。10 代から日本全国を訪ね歩き、長野県の諏訪大社太々神楽「御諏訪太 鼓」にて約10年間、内弟子として学ぶ。民謡歌手・太鼓奏者の木津茂理・かおり両氏 に民謡太鼓を師事。演奏家としてアメリカ・フランス・インドネシアなど各国の公演に参 加しながら、NHK 大河ドラマ始めメディアにも多数出演。2001 年より和太鼓の専門家と して専門雑誌にも携わり、各地の郷土芸能を調査するプロジェクトにも参加。現在は地 域に伝わる郷土芸能や作業唄、伝説、歴史をテーマとした創作音楽活動を続ける。ま た、>2019 年からは国内外の文学をテーマとした音楽作品を作曲家に委嘱するシリーズ 「作曲家と演奏家による組太鼓新作公演」をスタート。第1 回目には神戸市の助成を 受け、宮沢賢治作「インドラの網」をテーマとした作品「風の太鼓?インドラの網によせ て」(作曲:高橋久美子)と共に「みずほの国の米のうた」を発表。好評を博した。 手がけた事業に文化庁「子どものための優れた舞台芸術体験事業」/兵庫県乳幼児 子育て応援事業」(プロデュース・演奏・指導)/2014 JICA「アフリカ地域 地域保健 担当官のための保健行政B(仏語圏)」(指導・演奏・舞台プロデュース)2015 農業と 音楽とのコラボレーション「農村にしごと唄ワークショップ」(しごと唄監修・演奏・指導)などがある。                                 

篠笛・能管・龍笛演奏家 あかる潤

篠笛・能管・龍笛演奏家  あかる潤

八百万の声(やおろずのこえ)を求め日本の横笛を研鑽している。              

学習院大学文学部史学科卒業。NHK邦楽技能者育成会50 期卒業。東京芸術大学 音楽部別科邦楽囃子専攻。出雲大社楽人を務めながら様々な笛を研鑽。 龍笛を芝祐靖氏に師事。五世野村万之丞氏の大田楽にて田楽笛を研鑽。長唄の竹 笛・能管を藤舎正生氏に、邦楽囃子を藤舎華鳳氏に師事。赤坂日枝神社、広島厳島 神社、他各地奉納演奏や助六太鼓、御諏訪太鼓、など様々な和太鼓団体と共演を続 ける。また「アンサンブル室町」、「日本音楽集団」に所属し、現代音楽アンサンブルの 演奏活動、浅田次郎原作 映画「輪違屋糸里」主題歌、スタジオジブリ映画「かぐや姫 の物語」、NHK ラジオドラマ「夜露姫」の笛演奏を担当。 幼少より母からピアノの手ほどきをうけ、曾祖父である作曲家弘田龍太郎(「浜千鳥」 「春よ来い」等)の作品群の和楽器編曲、歴史と映像と音の融合など温故知新の創作 活動をライフワークとする。2017 年より日本舞踊五條流「五條詠葵(ごじょうえいき)」の 名を許され、踊れる音楽を目指した自作、委託作品の発表も推進。2019 年9 月には芭 蕉の旅路を題材とした「矢吹追想」をピアノと笛、日本舞踊の作品として発表する。近 年はドイツ、ジョージア、アメリカ、フィリピン、ギリシャなど海外公演にも参加。2016 年4 月はベトナムハノイの世界遺産タンロン城ステージおよび現地イオンモール特設ステ ージで和太鼓と創作舞踊のショーを企画し、数千人規模の動員を実現した。